位置 > 健康サロン >夏の食事ライフ

夏の食事ライフ

夏に起こりやすい主な症状

夏バテ、熱中症、食欲不振、消化不良、食中毒、冷え、疲労、動悸、息切れ、不眠など。


 

心の負担が大きくなる夏

中医学では、夏になって気温が上昇し、湿度が高くなると、心に負担がかかると考えられます。自然界と同じように、夏は気(生命エネルギー)の力が最も強くなる季節ですが、それに伴って心の働きが高ぶり、オーバーヒートしやすくなるからです。

私たちの体は、暑くなると汗を出して体内の余分な熱を逃し、体温を調節するようになっています。しかし、汗は血液中の水分とミネラル分も一緒に排出してしまうため、血液の濃度は高くなり、ドロドロと流れにくい状態になります。汗をかけばかくほど体温は下がって涼しく感じられますが、一方で心臓は流れにくい血液を全身に運ぶために、フル回転しているわけです。心がオーバーヒートするために、夏は不整脈や動悸、息切れ、不眠などを起こしやすくなるのです。

 

 

寒涼性の食材で熱を冷ます

夏はこうした心の高ぶりを抑えるために、体内の余分な熱を冷ます苦味や寒涼性の食べ物を取るようにしましょう。また、冬瓜やきゅうり、スイカなどの瓜類を始めとする旬の夏野菜や果物は、水分たっぷりでみずみずしく、体のほてりを冷まして、のどの渇きを潤すのに最適です。汗とともに失ったミネラルの補給源にもなります。

ただし、冷たい飲み物や果物、生野菜などの取り過ぎは、胃腸を冷やして消化能力を低下させ、食欲不振や疲労、だるさなどを招いて、夏バテの一因となります。

体のほてりは冷ましながらも、胃腸は冷やし過ぎないよう、しょうがやしそ、ニンニクなどの体を温める辛味の薬味をほんの少し添えると、バランスが良くなります。これら辛味の薬味は殺菌作用にも優れ、夏や梅雨時季の食中毒の予防にも役立ちます。爽やかな香味は、暑さで低下した食欲も増進し、消化も促進してくれます。

 

 

夏が旬の主な食材

夏は瓜類を中心に、水分たっぷりのみずみずしい野菜が豊富。体のほてりを冷まし、のどの渇きを潤し、夏のミネラル源です。

 

 

アスバラガス

【甘苦味・温性】旬:46

疲労を回復し滋養する食べるスタミナ

 

ヨーロッパでは歴史の古い野菜で、古代ギリシャ時代から食用として栽培されました。気(生命エネルギー)を補い五臓を滋養する作用や、体液を補う作用、反対に余分な水分を排出する作用を併せ持ち、疲労回復やむくみの改善、また口の渇きを癒し、肺を潤して咳や痰を止め、喉の痛みを緩和する薬効があるとされます。

中国では昔から、高血圧や心臓病、動脈硬化などの症状の緩和に、民間療法として利用されてきました。これは、血行を促進し、高血圧や動脈硬化を予防するルチンを豊富に含むからです。

 

主な効能:

疲労回復、毛細血管を丈夫にする、肺を潤す、咳を鎮め、痰を除く、吹き出物を改善する。

 

おすすめの食べ方:アスバラガスのにんにく焼き

アスバラガスをにんにくと一緒に炒めて、塩、胡椒で味付けしたシンプルな料理。アスバラガスのビタミン類は、茹でても損失が少ないのが特徴ですが、焼いた方が損失を最低限に抑えられます。

 

 

冬瓜

【甘味・寒性】旬:68

皮や種、わたまで全てむくみや腫れ物の薬になる

 

「冬」に「瓜」と書きますが、れっきとした夏野菜。熟すと皮が硬くなり、冷暗所に置いておくと冬まで保存できること、また霜が降りた後に、粉を吹いたように白くなることからその名がついたとされますが、薬効を考えると、やはり旬の夏に食べるのが適しています。特に優れているのは、体内にこもった熱を冷まし、尿の出をよくして水分代謝を促進する働きです。実際に、古くからむくみや膀胱炎、腎臓病の民間薬として重宝されてきました。

冬瓜は皮も種もわたも、一物全体を余すところなく利用できます。

 

主な効能:

体内の熱を冷ます、尿の出を促す、喉の渇きを癒す、咳や痰を改善する、炎症を抑える、できものや腫れ物を改善する。

 

おすすめの食べ方:冬瓜の皮茶と種の飴

生の皮を水で煎じて飲むと、むくみ解消や暑気あたりなどに効果的。中国では種を日干しにして、普段から飴のように食べていますが、咳や痰、むくみ、腫れ物、美肌づくりなどに有効とされます。

 

 

きゅうり

【甘味・寒性】旬:6月〜8

熱を冷まし体を潤す

 

成分の90%以上が水分で、たいした栄養価値はないと思われがちですが、薬膳の視点で見ると、このみずみずしさこそ、夏にふさわしい薬効といえます。きゅうりは体を冷やす寒性の性質で、過剰な熱を取り除く働きが強いのが特長です。

また、きゅうりの水分には、渇きを止めて体を潤す作用があるため、汗で失われた体液を補うのに最適です。同時に、余分な水分を排出する作用にも優れ、湿気が多く体内に水分が滞りやすいという日本人の体質に夏にふさわしい食材です。

 

主な効能:

体の熱を冷ます、渇きを止めて体を潤す、余分な水分を排出する、解毒する。

 

おすすめの食べ方:きゅうりの辛子漬け

辛子漬けは伝統的な保存食。体を温める効果の高い辛子と組み合わせることで、温・寒のバランスが取れる昔ながらの知恵です。

 

トマト

【甘味・涼性】旬:5月〜9

夏の疲れた胃腸を癒し疲労回復に役たつ

 

ヨーロッパには昔から「トマトのある家に胃腸病なし」ということわざがあります。トマトには胃腸の働きを活発にして消化を高める作用があるからです。夏は冷たいものの取り過ぎで胃腸の働きが悪くなりがちですが、トマトを食べることで、これを未然に防げることができます。

性質は体をやや冷やす涼性で、体内にこもった熱を冷ます働きがあります。また、喉の渇きを潤して体液を補う働きがあるうえ、ビタミンやミネラルも豊富なため、汗とともに流出しがちなミネラル分も補えます。トマトの爽やかな酸味の元となっているクエン酸などの有機酸は疲労物質を取り除いて疲労回復に役たつため、夏の疲れた体を癒すのにぴったりです。

 

主な効能:

消化を促進する、胃腸を整える、体の熱を冷ます、喉の渇きを癒す、疲れを取り除く。

 

おすすめの食べ方:トマトと牛肉の炒め物

牛肉と炒め合わせてしょうゆで味付けした一品は、胃腸を滋養する薬膳の定番料理。トマトも牛肉も脾・胃の働きを活性化し、食欲を増強する作用があります。

 

 

アジ

【甘味・温性】旬:6〜9月

味も良いが栄養価値に富み薬効も高い大衆魚

 

ほとんど1年中取れますが、6月ごろから秋にかけて最も脂がのります。味が良いことから「あじ」と名付けられたというほど味には定評があります。

薬効も幅広く、栄養成分も豊富に含まれる優れた魚です。薬膳では、五臓全体の働きを補って気力を増し、疲労回復に役たつとされます。また、胃腸を温めて食欲増進させ、血行を促進する作用もあります。

 

主な効能:

胃腸を温める、食欲を増進する、疲労を回復する、五臓の働きを補い気力を増す、血行を促進する。

 

おすすめの食べ方:アジの南蛮漬け

唐揚げにしたアジを、赤唐辛子を加えた甘酢に漬け込んだもの。保存がきき、さっぱりとした味わいで食欲の落ちる夏でも食べやすく、酢のクエン酸効果で夏バテ防止、疲労回復にも役立ちます。

 

 

緑豆(りょくとう)

【甘味・寒性】旬:5月〜8

漢方薬の一つとして、解熱、解毒、消炎作用があるとされる

 

日本においては、もやしの原料(種子)として利用されることがほとんどで、ほぼ全量を中国から輸入しています。

中国では、春雨の原料にするほか、甘い餡や粥、天津煎餅のような料理の材料としても食べられます。

 

主な効能:解熱、解毒、渇きを癒す、夏バテ防止、痔の不快感を鎮める、浮腫み取り、利尿。

 

おすすめの食べ方:甘い緑豆のスープ(他に、緑豆粥、緑豆飯など)

夏の暑い時期にぴったりの冷たくて甘いスープ。体の熱を和らげる効果があり、中国でもよく飲まれる夏の定番のデザートです。

 

材料:緑豆100グラム、砂糖30グラム(お好み)、水600-700ml

 

 

その他の夏の旬の食材:

寒天、くらげ、シソ、ししとう、唐辛子、ニンニク、ピーマン、らっきょう、枝豆、オクラ、カボチャ、ジャガイモ、とうもろこし、さやいんげん、なす、スイカ、メロン、桃、うなぎ、ゴーヤー、レタス、さくらんぼ、すもも、梅など。

終わり



版権所有:北京東源文際医療投資管理有限会社      京ICP备12004333号
http://dywjmed.com/tjyyt/content.asp?id=483&bigClassID=4&Lang=jp